アメリカ就職ならニューヨーク!まさに夢を実現する世界一の街

アメリカはニューヨークは摩天楼が美しい大都会です。よく「眠らないニューヨーク」と言われますが、夜は大抵の人達は眠っています。

ニューヨークは物価が高くて、特に家賃が高いです。ドアマン付きの日本で言うところのマンションで1LDKで3000ドルくらいします。アメリカではマンションでも「アパート」と呼びます。集合住宅になっていたら、マンションのように買ったものでも「アパート」と呼びます。

それで、そのアパートですが、高い家賃のアパートに住んでいたりすると、10年間は法律で決められたパーセンテージしか毎年更新の時に値上げができないようになっているのですが、10年を過ぎると法律が外れて、好きな値段で貸し出しができるので、ものすごく値上がりすることがあります。1600ドルくらいだった家賃が10年過ぎたら一気に2400ドルくらいになったりします。

家賃は基本的に個人の小切手で支払います。アメリカでは小切手が一般的で、何を支払うにも小切手を使うことが多いのです。光熱費の代金の支払いや電話代の支払いも小切手でします。

アメリカの小切手は柄がいろいろあって、スヌーピーの小切手などもあって、とっても楽しい気分になっていいです。

そんなニューヨークで生活、就職するのは日本人にとっては並大抵のことでは無いと思いますが不可能ではありません。もともと海外生活が長い人や留学からアメリカで生活している人にはチャンスがあるでしょう。

日本での生活が長く考え方や振る舞い、自己主張が日本に染まってる人にはとうてい太刀打ち出来ないと思います。まずはこの異国の地で1年間働き、生活できるぐらいのバイタリティが欲しいところですね。

そんな米国で働く事を考えている、目標としている人なら以下のサイトも参考になるでしょう。
アメリカで就職!